▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

泌尿器科の紹介/医師プロフィール

【科の概要】

当科では一般泌尿器疾患を中心に、慢性腎不全や急性腎不全に対する血液透析や必要に応じ種々の血液浄化療法を行っています。尿路性器悪性腫瘍(前立腺がん、膀胱がん、腎がん、腎盂がん、尿管がん、睾丸腫瘍、副腎腫瘍、陰茎がんなど)、腎尿管結石、前立腺肥大症、尿失禁を主な対象疾患としていますが、この他尿路性器感染症や血尿、小児泌尿器疾患(先天奇形、停留睾丸、包茎など)、EDなども数多く扱っております。また一般的な泌尿器科手術(開腹手術や尿路内視鏡手術、体外衝撃波結石破砕治療)のほか、新しい手法を導入した開腹手術(小切開内視鏡下泌尿器手術)、などup-to-date な治療方法を積極的に取り入れております。
特に腎尿管結石では県内で唯一ESWLの器械ではドルニエ社のデルタⅡを導入しています。

 

さらに泌尿器悪性腫瘍ではエビデンスとガイドラインを基に現時点で最良と考えられている治療方針(プロトコール)が確立しています。また前立腺癌の診断には県内で唯一前立腺立体生検をしています。さらに低浸襲手術として小切開泌尿器科手術を採用しています。一部の進行した癌症例を除いて、副腎、腎臓、尿管、前立腺の疾患に施行できます。
現在は以前の開放手術と比較して、手術時間もかわりません。真皮縫合も行っており、傷もきれいで、術後に抜糸も必要ありません。

 

【主な対象疾患】
泌尿器科悪性腫瘍
腎細胞がん
腎細胞がん
腎盂尿管癌
膀胱がん
前立腺癌
精巣腫瘍

 

尿路結石
腎尿管結石
膀胱結石

 

尿路性器感染症
腎盂腎炎
膀胱炎
前立腺炎
精巣上体炎

 

排尿機能障害
前立腺肥大症
過活動膀胱
神経因性膀胱

 

【当病院の特徴】
小切開泌尿器科手術 >>小切開泌尿器科手術について
ESWL >>ESWLについて
前立腺立体生検

 

 

 

滝花義男 (診療部長)

-所属学会-
日本泌尿器科学会
日本透析医学会
日本癌治療学会
日本ミニマム創泌尿器科内視鏡学会
アメリカ泌尿器科学会

 

-専門医・指導医など-
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会指専門医・指導医
日本癌治療認定医機構認定医

 

野澤宗裕 (医長)

-所属学会-
日本泌尿器科学会
日本透析医学会

 

-専門医・指導医など-
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会指専門医

 

萱沼賢司

-所属学会-
日本泌尿器科学会

 

-専門医・指導医など-
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本癌治療認定医機構認定医

 

大竹裕子

-所属学会-
日本泌尿器科学会

 

-専門医・指導医など-
日本泌尿器科学会専門医

 

望月 勉 (非常勤)

-所属学会-
日本泌尿器科学会
日本透析医学会

 

-専門医・指導医など-
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会指専門医

▲このページの先頭に戻る