▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

感染管理

感染管理基本方針              

当院では、院内感染を防止するために医師・看護師・検査技師・薬剤師等の多職種で構成する「院内感染対策委員会」を組織し、また院内感染対策に専門的に取り組む「感染管理対策室」を設置しております。患者様をはじめ、当院を利用されるすべての方々、職員を院内感染から守るため日々活動しております。

 

主な活動内容                

  1. 定期的な委員会開催(感染症症例検討・耐性菌検出状況把握・抗菌薬使用状況把握)
  2. 定期的な院内ラウンド(感染対策状況チェック・実地指導)
  3. サーベイランス
  4. 職業感染防止対策(ワクチン接種・針刺し防止)
  5. 職員教育
  6. 適正な抗菌薬使用の推進
  7. 他の医療機関との連携

 

感染管理対策室               

 2012年5月より、病院長直轄の部署として「感染管理対策室」を設置しました。専従者を配置しより実効性の高い感染防止対策の立案・推進・実行に取り組んでいます。また万一感染症が発生した際は、その拡大を防止する司令塔的な役割を担っています。

 

感染管理室

【スタッフ】 室長 感染管理認定看護師 (専従)
感染管理担当医師(兼任)
看護師(兼任)
薬剤師(兼任)

臨床検査技師(兼任)

 

 

 

【活動内容】

① 感染防止技術情報の収集
② 現場にあった効果的な感染対策の立案・導入・評価
③ 感染管理についての指導、教育・研修の実施と管理
④ 院内感染発生時の対応
⑤ ファシリティマネジメント
⑥ 感染管理コンサルテーション
⑦ 感染防止マニュアルの整備

 

感染管理認定看護師とは

 感染管理の分野において、患者様や医療従事者の感染予防に努め、感染予防管理に必要な専門知識と技術を習得し感染管理を主体に実践するスペシャリストです。院内の全ての部署に対し、感染管理に関する実践、指導、相談、評価等を行います。

 

当院は、厚生労働省が定めた施設基準に適合した医療機関として認定を受け、診療報酬上で「感染防止対策加算1」の算定を行っています。

 

▲このページの先頭に戻る