▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

血液浄化センター 概要

 

血液浄化センターでは、地域の透析医療に携わってきた経験と実績を基に、透析導入から維持透析までを院内各部門並びに地域の医療機関と連携し安全・安心な透析医療を提供しています。

 

外来維持透析

血液浄化センターでは、全36台の透析装置(オンラインHDF対応装置12台を含む)を有し、経験豊かなスタッフとコンピュータ制御の最新の透析機器により、安全・確実に運営されています。毎回の透析が安全で苦痛が少ないことと長期に安定した十分な量の透析治療が行えること目標に、個々の患者様に合わせた透析医療を続けていけることを心がけています。

 

入院透析

維持透析を行っている中で起こる様々な合併症により

入院治療が必要な急性疾患に対して当院の診療科で対応可能な透析患者様の入院透析を行っています。

また、血液透析の他にLDL吸着・白血球除去・エンドトキシン吸着・腹水濾過濃縮再静注などの急性血液浄化療法に対応しています。

詳細はこちらをご参照下さい。

 

外来血液浄化

潰瘍性大腸炎、クローン病等の治療を行う白血球除去療法(LCAP・GCAP)

家族性高コレステロール血症の為のLDL吸着療法

外来通院にて治療を行っております。

 詳細はこちらをご参照下さい。

 

外来透析室診療時間

入室時間 月・水・金 火・木・土
午前の部  8:30  8:30
午後の部 14:00    —
15:00    —

 

入院・外来・臨時透析のお問い合わせ

病診連携室

055-323-1311 (内線1150)

月〜土 8:30 〜 17:00

 

送迎サービス

当院では週3回の透析通院に関して、独力での通院が困難な患者様に送迎サービスを行っております。

詳細はこちらをご覧下さい。

▲このページの先頭に戻る