▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

2-2病棟

当病棟は、「労働者健康福祉機構」の委託病棟として、主に脊髄損傷等の労災患者様が入院されています。近年では、労災に限らず脊髄損傷となってしまった患者様や脊髄疾患によりベッド上の生活を余儀なくされている患者様も受け入れています。身体面の管理はもちろん、日常生活全般において患者様が安心して療養できる看護ケアを目指し職員一人一人が頑張っています。

 

 

病棟の特徴

*主治医をはじめ専門医と連携を図り、すばやく対応することで、
 異常の早期発見、重症化を防ぐ努力を行なっています。

*生活全般において介助が必要な為、安全・安楽には十分配慮して
 います。

2-2a
*長期入院中の患者様が多く、また県外からの入院が大半を占ます。
 家族が面会しやすいように敷地内にある家族宿泊施設を利用して
 いただくことができます。
ダミー

*車椅子に乗車し、散歩やカラオケ・ショッピングなどを行う事で
 気分転換を図っています。

*クリスマス・初詣など、季節感を感じることのできる療養生活が
 送れるよう、心掛けています。

2-2b
*自力での排泄が困難な為、週に2回排泄のコントロールを行って
 います。
*残存機能を保つ為リハビリを行っています。
2-2c
▲このページの先頭に戻る