▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

看護部からのごあいさつ

 

丹沢部長2
「その方にとって最善の看護ですか」

 

                を問いかけながら

山梨厚生会法人看護局長

認定看護管理者 丹沢 早苗

 

 

山梨厚生会の理念である「やさしく・親切・ていねいに」の基、地域医療の中心的役割である山梨厚生病院は、地域住民の健康を守り、患者の困った状況を作らない努力を続けています。

 

2022年4月に山梨厚生会看護部は、組織編成を行い山梨厚生会看護局となりました。地域包括ケアシステムの中で、山梨厚生病院(急性期医療・精神科医療)、塩山市民病院(地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・医療型療養病棟)、ハートフル塩山(居宅介護・訪問看護ステーション)、甲州市立勝沼病院(指定管理:地域一般)、山梨市立牧丘病院(指定管理:地域一般)がそれぞれの役割を果たすことが、利用される方々に貢献できるものと考えます。

 

ただ、どのような対象者であっても向かう看護は同じ方向を向かなければなりません。そこで、山梨厚生会看護局の理念として
「どのようなときも 優しく 親切 ていねいな 看護を心がけ 人々の健やか生きるを支える」としました。

 

山梨厚生会の看護職として、多様な状況にある対象者に、常に最善の看護を提供します。また、保健・医療・福祉の専門職者との積極的協働に取り組み、生き抜くことを支えていきます。そして、看護の信念をもって自己の能力開発・維持・向上に努めていきます。
山梨厚生会の発展が、看護局と共に未来永劫続きますように尽力してまいります。

▲このページの先頭に戻る