▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

看護部からのごあいさつ

 

丹沢部長2
「その方にとっての最善の看護ですか」

 

                を問いかけながら

認定看護管理者

看護部長 丹沢 早苗

 

 

“やさしく 親切 ていねいに” の病院の理念のもと、地域医療の中心的な病院として、地域住民一人一人の最適健康状態を生み出すように援助する働きができるために全力をつくしています。

 

常に、笑顔でぬくもりのあるやさしい看護、その人らしく生きることを支える親切な看護、満足していただけるていねいな看護の提供を看護部の理念として掲げ、日々努力しております。

 

当院は、新入職員から現任職員に至るまで教育プログラムが確立され、十分な看護が提供できる土台作りを行っています。「個」に沿った教育を行い、他者と比較することなくのびのびと成長できるように考えております。

 

大切にしていることは「コミュニケーション」です。言葉で伝え、傾聴し、理解しているかを確認することが大切です。

仲間や上司とのコミュニケーションを十分に行うことで、必ず前向きな発言ができるようになっていきます。これらは全て、患者様のためなのです。

 

また、実践・教育の場面で「それは、その人にとって一番良い方法ですか?」を念頭に、常に問いかけながら看護を行っていくことも大切にしています。

 

たくさんの仲間と共に常に“イノベーション”を見据えながら、真摯に看護への取り組みを行いたいと思います。

 

 

 

▲このページの先頭に戻る