▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

論文・書籍

 

伊從敬二、三森義崇、橋本良一、出口順啓: 波長1470 nmレーザーおよびRadial 2ring Fiberによる大伏在静脈—大腿静脈接合部近傍からの血管内焼灼術の短期成績.静脈学2018; 29: 357-361
伊從敬二、三森義崇、奥脇英人、有泉憲史、橋本良一: 腎機能障害を合併した腹部大動脈瘤に対する炭酸ガス造影併用下ステントグラフト内挿術の検討.日血外会誌 2016: 25; 168-172
伊從敬二、三森義崇、奥脇英人、有泉憲史、橋本良一: 外腸骨動脈起始部から総大腿動脈に連続する閉塞性病変に対してハイブリッド手術を施行した1例.山梨医学 2016; 43: 113-116
伊從敬二、高山豊、三森義崇、有泉憲史、橋本良一. 炎症性腹部大動脈瘤と自己免疫性膵炎を合併したIgG4関連疾患の1例.心臓 2015; 47: 51-56
三森義崇、伊從敬二、奥脇英人、有泉憲史、橋本良一: ePTFE人工血管による腋窩ー大腿動脈バイパス術後に発生した広範Seromaの1例.日血外会誌 2015; 24: 911-914
伊從敬二 、三森義崇、有泉憲史、橋本良一. Hostile neck症例に対する腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の検討.山梨医学 2013; 41: 153-156
伊從敬二、三森義崇、有泉憲史、橋本良一: 破裂後に血栓閉塞した大腿深動脈瘤の1例. 2013; 日心血外会誌: 42: 204-206
伊從敬二、三森義崇、有泉憲史、橋本良一: 腸骨動脈瘤に対するステントグラフト内挿術症例の検討. 山梨医学 2012; 40: 24-27
伊從敬二: 血管外科領域における低侵襲治療 - 血管内治療 – .東山梨医師会報 2012; 19: 76-78
伊從敬二、有泉憲史、神谷健太郎、三森義崇、橋本良一: 腹部限局型大動脈解離を契機に急速に拡大した腹部大動脈瘤の1手術例.日血外会誌; 2012; 21: 141-143
Mitsumori Y, Nakamura Y, Hoshiai K, Nagayama Y, Adachi-Akahane S, Koizumi S, Matsumoto M, Sugiyama A:In vivo canine model comparison of cardiovascular effects of antidepressants milnacipran and imipramine. Cardiovasc Toxicol 2010; 10: 275-282
伊從敬二、有泉憲史、神谷健太郎、橋本良一: 後方アプローチによる後脛骨バイパスを行ったベーチェット病膝窩動脈仮性瘤の1手術例.日血外会誌 2010; 19: 579-582
伊從敬二、有泉憲史、神谷健太郎、橋本良一: 血液透析用人工血管感染に対する2治験例.山梨医学 2009; 37: 108−111
Mitsumori Y, Tsuchiya K, Nakajima M, Fukuda S, Morimoto H:Surgical repair of left-sided cervical aortic arch aneurysm: case report and literature review. Ann Vasc Surg 2008; 22; 140-144
伊從敬二、有泉憲史、神谷健太郎、橋本良一: 腓骨動脈バイパス術後に2回のグラフト修復術を要した1例.山梨医学 2008; 36: 56−59
伊從敬二、有泉憲史、緒方孝治、橋本良一、中島考: 足部の虚血痛に併う膝関節屈曲拘縮肢に対する血行再建の経験.山梨医科学誌 2007; 22: 79-83
伊從敬二、有泉憲史、緒方孝治、橋本良一: 下肢慢性動脈閉塞症に対する再手術症例の検討.山梨医学 2007; 35:135−138
伊從敬二、天野宏、有泉憲史、橋本良一: 大腿動脈領域における吻合部確保のための血栓内膜摘除術.山梨医学 2006; 34: 47−51
三森義崇, 土屋幸治, 中島雅人, 福田尚司, 森元博信:超高齢者大動脈弁狭窄症に対する弁置換術の経験.山梨県立中央病院年報 2005; 32: 59-61
伊從敬二、有泉憲史、水谷栄基、橋本良一: 静脈うっ滞性下腿皮膚病変に対する内視鏡下筋膜下穿通枝切離術の検討.山梨医学 2005; 33: 151−154
伊從敬二、喜納五月、有泉憲史、橋本良一: 慢性下肢動脈閉塞症に対し両側足関節部動脈バイパスを行い救肢した1例.山梨医学 2004; 32: 76-78
伊從敬二、有泉憲史、喜納五月、橋本良一. ドレナージ術と洗浄が奏効した人工血管感染の2例.日血外会誌 2004; 13: 493-497
Keiji Iyori, Satsuki Kina, Kenji Ariizumi, and Ryoichi Hashimoto.: Symmetric diffuse arterial dilatation with peripheral obstruction in lower extremities: report of a case. Breakthrough in the treatment for critical limb ischemia in Japan, 109-112. (2004 by Japanese society for limb salvage research)
Keiji Iyori, Masatoshi Horigome, Shunichi Yumoto, Yoichi Yamadera, et al.: Aneurysm of the gastroduodenal artery associated with absence of the celiac axis: report of a case. Surgery Today 2004; 34: 360-362
伊從敬二、天白典秀、有泉憲史、橋本良一、雨宮美和: 重症肺線維症を合併した高齢者に対し足底動脈バイパスを行い救肢した1例.山梨医学 2003; 31: 43-46
Keiji Iyori, Osamu Sato, Hideo Kimura.: Intraoperative spasm of infrainguinal vein grafts: report of two cases. J Jpn Coll Angiol 2003; 43: 64-66
伊從敬二、木村秀生、近藤啓介、大澤智徳、佐藤紀: 術中腎動脈遮断症例における周術期腎機能の検討.脈管学 2002; 42: 111-116
Keiji Iyori, Kihachiro Kamiya, Osamu Suzuki, Atsuo Kojima, et al.: Identification of the critical spinal arteries with F wave – polysynaptic response complex monitoring: An experimental study. J Vasc Surg 2001; 34: 330-336
伊從敬二: 深部静脈血栓症に対する手術適応 (特に急性期の血栓摘除術について). 血外科 2001; 20: 207-208
伊從敬二、佐藤紀、近藤啓介、木村秀生: Ankle pressure とToe pressure の比較検討.わが国における慢性虚血肢取扱い基準作成ワーキンググループ報告書 第一報(リム・サルベージ研究会2000年): 6-7
伊從敬二、佐藤紀、近藤啓介、木村秀生: トレッドミル負荷条件2.4km/hと3.2km/h の比較検討. わが国における慢性虚血肢取扱い基準作成ワーキンググループ報告書 第一報(リム・サルベージ研究会2000年): 16-17
伊從敬二、窪田健司、小島淳夫、石本忠雄、他: 80歳以上の腹部大動脈瘤、孤立性腸骨動脈瘤の手術症例の検討. 脈管学 2000; 40: 399-402
伊從敬二、神谷喜八郎、鈴木 修、小島敦夫、他: F-P complex(FPC)モニタリングによる大前根動脈の同定 ー実験的研究ー. 脈管学 2000; 40: 153-158
伊從敬二、進藤俊哉、神谷喜八郎、多田祐輔: 鼠径部の感染性病変のための非解剖学的バイパス. 標準を越えた血管外科手術ヘルス出版、東京、1998.7.3:166-168

 

▲このページの先頭に戻る