▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

乳腺外科の紹介/医師プロフィール

【科の概要】

乳癌は女性の罹患率が最も多い癌です。しかも罹患年齢が他の癌に比べて若い年齢から発症するがんです。30歳ごろから増加し一番多い年齢層は40から50歳代です。この年齢層は仕事にも責任があり、子育ても忙しく社会の中心を担っている年齢層です。したがって社会的な影響が大きい癌と言えるでしょう。ここ山梨では年間450人以上の方が乳がんに罹患しています。

当院の乳腺外来では地域に根差した乳がん検診から診断、手術、化学療法と一連の治療が総合的に行えるよう心がけております。

可能な限り受診日にマンモグラフィ、超音波、穿刺細胞診などを迅速に行うことで、早期診断治療を進めています。ほかにも針生検やマンモトーム生検などの検査も行っています。

また市町村の乳がん検診は年間約3000件ほどを外来で行っています。平成25年度から検診の予約枠を作って出来るだけ検診受診者の便宜を図る努力をしてまいります。

手術は乳房温存率も向上し、センチネルリンパ節生検の導入により低侵襲な手術が可能となっています。

加えて乳がん治療では手術前後だけではなく、進行・再発症例でも薬物療法が重要となっており、外来化学

療法室の充実により、より患者様に優しい良い治療が行えるように努力しています。

職員一同、患者様そしてご家族のために、一人ひとりを大切に診療させていただいています。

 

【主な対象疾患】

乳がん検診

要精検者に対する精密検査

乳癌

乳腺炎

葉状腫瘍

線維腺腫

その他の乳腺に関する疾患

 

 

 

柚本俊一 (医長)

-所属学会-
日本外科学会
日本乳癌学会
日本化学療法学会
日本消化器病学会
日本消化器外科学会

 

-専門医・指導医など-
日本外科学会専門医
日本乳癌学会認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本外科学会専門医

 

飯塚 恒 (医長)

-所属学会-
日本外科学会
日本乳癌学会
日本臨床外科学会
日本癌治療学会
日本消化器外科学会
日本緩和医療学会

 

-専門医・指導医など-
日本外科学会専門医
日本乳癌学会乳腺専門医
検診マンモグラフィー読影認定医
がん治療認定医

 

村上恭紀 (非常勤)

-所属学会-
日本外科学会
日本乳癌学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本癌治療学会
日本臨床外科学会
日本消化器外科学会
がん免疫療法研究会
PEG・在宅医療研究会

 

-専門医・指導医など-
日本外科学会専門医
検診マンモグラフィー読影認定医
日本がん治療認定医機構
がん治療認定医
日本臨床外科学会
消化器がん外科治療認定医
PEG・在宅医療研究会
専門胃瘻造設・管理医師

▲このページの先頭に戻る