▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

皮膚科の紹介/医師プロフィール

【診療内容】

皮膚科一般;肌のかさつき・痒み、痤瘡(にきび)と言った症状から皮膚腫瘍に至るまで幅広く診させていただいております。腫瘍にも『粉瘤(アテローマ)』や『脂肪腫』といった比較的よく見る良性腫瘍から『悪性黒色腫(メラノーマ)』などの悪性腫瘍まで色々あります。当院ではそのような腫瘍に対する手術も行っています。小さなものは外来にて日帰りで切除することも可能です。悪性腫瘍に関しては当院で行える治療が限られており、状況により山梨大学医学部付属病院や山梨県立中央病院へとご紹介させていただいております。

また、皮膚腫瘍の手術以外には熱傷や外傷による皮膚欠損・皮膚潰瘍に対して植皮術を行っています。さらに、下記に示すような皮膚感染症やアトピー性皮膚炎、水疱症等の重症例においては入院加療を必要とすることが多く、近隣の開業医様からの紹介も積極的に受け入れています。

当科は地域における基幹病院として皮膚疾患全般の診断、治療に対応できるよう日々努力しております。重症、軽症に関わらず、どのようなことでもかまいません。何か皮膚にトラブルを抱えている方、気になる“おでき”、“しみ”、“ほくろ”がある方、まずは当院にてお気軽にご相談ください。


当院皮膚科の特色】

●男性型脱毛(いわゆる“若はげ”)に対する飲み薬:プロペシアの処方。

●扁平母斑、肝斑、色素斑(しみ)、刺青等に対するQスイッチルビーレーザー

 ハイドロキノンクリームによる治療。

スイッチルビーレーザー 治療前 治療後
治療前  治療後 

(株)エムエムアンドニーク ホームページより引用

●陥入爪、巻き爪に対して手術(フェノール法)やVHO(3TO)式矯正法を取り入れて治療しています。

巻き爪治療前 巻き爪治療後

巻き爪矯正技術VHOホームより引用

一部自費治療となり、比較的高額になることもありますが、このような特殊な治療も行っております。

主な対象疾患】

湿疹、皮膚炎群

皮脂欠乏性湿疹、接触皮膚炎(かぶれ、金属アレルギー)、脂漏性皮膚炎など


蕁麻疹(じんましん)

食物アレルギー、寒冷蕁麻疹、慢性蕁麻疹など


アトピー性皮膚炎


感染症

ウイルス感染症:帯状疱疹、水痘、単純ヘルペス、カポジ水痘様発疹症、疣贅(いぼ)など
細菌感染症:蜂窩織炎、丹毒、痤瘡(にきび)など
真菌感染症:白癬(みずむし)、皮膚・口腔内カンジダ症など


水疱症

尋常性天疱瘡、落葉状天疱瘡、水疱性類天疱瘡など


角化症

尋常性乾癬、掌蹠膿疱症など


脱毛症

円形脱毛症、男性型脱毛症など


中毒疹

薬疹、多形滲出性紅斑


皮膚・皮下腫瘍

良性腫瘍:粉瘤(アテローマ)、脂肪腫など
悪性腫瘍 :基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫(メラノーマ)


色素異常

尋常性白斑、扁平母斑、外傷性刺青、老人性色素斑、肝斑など


爪変形

巻き爪、陥入爪


熱傷・外傷

重症例を除く熱傷(やけど)、外傷による皮膚欠損・皮膚潰瘍、褥瘡など


膠原病

全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、皮膚筋炎、混合性組織病、シェーグレン症候群、血管炎、
ベーチェット病、壊疽性膿皮症など

 

 


 

相川恵子 (医長)
-所属学会-
日本皮膚科学会
日本臨床皮膚科医会

 

-専門医・指導医など-
日本皮膚科学会認定専門医

 

出口順啓 (医長)
-所属学会-
日本皮膚科学会
日本臨床皮膚科医会

 

-専門医・指導医など-
日本皮膚科学会認定専門医

 

田中敬子
-所属学会-
日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会

▲このページの先頭に戻る