▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

初診時保険外併用療養費(選定療養)のお知らせ

当院では、平成31年4月1日より健康保険法等の規定に基づき、他の医療機関からの紹介状をお持ちでなく、受診された初診患者様には、初診の費用として保険外併用療養費(選定療養費)『730円』をご負担いただくこととなりました。

 

 <負担割合3割で初診時併用療養が適応される場合の例>

 

保険診療負担金(3割負担の方) 630円
保険外併用療養費(自費負担) 730円
負担金(合計) 1,360円
従来の負担金 850円
差額(負担増額分) 510円

保険診療の初診料負担金は従来の850円から630円に減額となりますが、別途、初診時保険外併用療養費として730円をご負担いただくことで、保険診療負担金と合わせて1,360円となります。(上記例の場合)

 

【初診時保険外併用療養費(選定療養費)をご負担いただく例】
・ 他の保険医療機関などからの紹介状をお持ちではなく、初診で受診される方
・ 当院を受診した事があっても、既にその病気が治癒した後に再び受診される場合、又は同じ病気で継続的に受診がなく、前回来院から期間が空いて医師が医学的に初診と判断した場合
・ 今回の受診が今までの診療と同一の病名、同一症状であっても、患者様が任意に診療を中止して1ヶ月以上経過した後、受診される場合
・ 当院を受診され、傷病が治癒もしくは終了し、その後、新たに発生した傷病のために受診した場合
(*最終来院日より1ヶ月以内でも、前回受診病名によって初診の取り扱いになる場合があります)

 

【初診時保険外併用療養費(選定療養費)が免除される例】
・ 他の医療機関から紹介状(診療情報提供書)をご持参された方(*接骨院・整骨院からの紹介状は対象外)
・ 慢性疾患等で現在継続して受診されている方
・ 緊急の場合(救急車での搬送、時間外・夜間・休日の救急診療等)
・ 国・地方自治体の公費負担医療制度を受給されている方
(*公費であっても後期高齢者医療制度、乳幼児医療費助成制度、ひとり親家庭医療費助成制度等はご負担が発生いたします)
・ 生活保護による医療扶助の対象になっている方
・ 当院の別の診療科に継続通院されている方(歯科口腔外科は別負担)
・ 当院で受けた人間ドック・健診等で再検査をすすめられた方
・ 労働災害・ 公務災害の方・ 3歳未満の患者様

 

本制度は「初期の治療は地域の医院・診療所で行い、高度・専門医療は200床以上の病院で行う」という機能分担推進のため、厚生労働省により制定されたもので、紹介状なしに受診希望され、その傷病に対し医学的初診が行われた場合、保険診療の一部負担とは別に、各病院が定めた金額をご負担いただくものです。
制度の趣旨をご理解いただき、ご同意をお願いいたします。

 

 

◆ぜひ紹介状(診療情報提供書)をお持ち下さい◆

 

ご不明な点につきましては、受付にてお尋ねください。

 

 

▲このページの先頭に戻る