▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

CGM外来(Continuous Glucose Monitoring:持続血糖モニタリング)の開設について

糖尿病内科 医長 小石 佐和子

 

当院の糖尿病内科では、平成28年8月からCGM外来を開設しました。
CGMについて説明します。メドトロニック社のiPro2(アイプロツー)という小さな機器を腹部に装着します。
初めに腹部の皮下に細くて短いセンサーを挿入しますが、挿入時の痛みはまったくと言っていいほどありません。
そしてセンサーに機器をつなぎます。センサーは正確には血管内ではなく組織液のブドウ糖濃度を測定します。
機器装着中は1日4回以上の自己血糖測定が必要になります。最長で6日間経って機器を外してコンピューターで解析にかけますと、24時間×6日間の血糖値が全て分かります。

 

%ef%bd%89pro%ef%bc%92%e3%81%8a%e8%85%b9%e4%bb%98  ipro%e7%94%bb%e5%83%8f
 メドトロニック社の「iPro2( アイプロツー)」
機器本体は小型化、防水化され、測定中の機器操作が不要なため患者様は機器を装着したまま(テガダームで保護)帰宅が可能で入浴を含む日常生活を送りながら連続した測定が可能です。
患者様は「あさりちゃん」の愛称で呼んでいます。

普段私達が日常の医療の現場で患者様の血糖値を測定しますが、その血糖値はその瞬間の数値です。それでも多くの情報を読み取る事ができますが、CGMから得られる情報はそれとは比べものにならない膨大なものです。
血糖値は、食事や運動で波のように動いています。食事を始めてどのくらいのタイミングでどの程度血糖値が上昇しているのか?あるいはインスリンや薬剤で夜中に眠っている時に血糖値が下がり低血糖の状態になってはいないか?何を食べると血糖値が上がるのか?運動するとその後血糖値はどうなるのか?

 

患者様にはどんなメリットがあるでしょうか?
糖尿病は「自覚症状に乏しい疾患」です。痛いところがありません。なので放置している人や、治療を中断する人が沢山います。そして何年かの後に酷い合併症で苦しむ事になります。血糖値が高くなると頭が痛くなるなら、しっかり治療するのに。
そして糖尿病の治療がどんなに進歩しても、食事療法と運動療法を継続しなければ治療は成功しないのです。

 

私の外来に通院している大勢の患者様が一生懸命努力している姿には時に感動します。
CGMの結果を患者様と共有する事で、患者様は自分の血糖コントロールの状態を可視化できます。正常範囲を示すグリーンの帯からどのくらいかけ離れているのかが一目瞭然なので病識を持てますし、治療のモチベーションが上がります。また、食事の内容や運動等の血糖値への影響を知り、より良く修正することが可能です。

 

現在山梨県内でこのCGMができるのは山梨大学、県立中央病院と当院の三病院だけです。
当院では症例数が100例を超えその先頭を走っています。今までは入院患者様に限定していましたが、是非広く一般にCGM外来を広めようと思います。
開設にあたっては、私1人の力では無理なので検査部の4名の山梨糖尿病療養指導士(Y-CDE)の資格を持った技師さんに手技を修得してもらい全面的に協力してもらっています。素晴らしい。
そして病院もこの機器購入に関しては快く承諾してくださり感謝しています。薬剤やこういった医療機器の進歩には目を見張るものがあります。私達医療者は出来る限り、日々勉強して修得した事を患者様に還元しサポートする使命があります。糖尿病という疾患はそういったサポートの効果が大きいと思います。

 

 正常者のCGM結果 縦軸は血糖値を示し、横軸は時刻を表しています。
正常者のCGMの結果はグリーンの帯(血糖値が70mg/dL~140mg/dLの範囲)内で収まり、決して140mg/dLを超えない事が分かります。
食事の影響もほぼ分からないくらい平坦な変化です。
正常者のCGM 結果
 糖尿病患者様のCGM結果 他院から紹介された80歳女性のCGM。
食後に血糖値が300mg/dL近くまで上昇している様子が分かります。
 糖尿病患者様のCGM 結果
同じ80歳女性の夜間のCGMの結果です。
夜間眠っている間に何時間か血糖値は48mg/dLにもなる低血糖に晒されていました。
経口血糖降下薬の選択を誤れば、食後の高血糖は抑えられず、夜間低血糖を起こし、糖尿病による血管合併症のリスクは非常に大きくなります。

 

CGM外来は、毎週木曜日の午前中に開設しています。
1)対象:1型及び2型糖尿病
2)iPro2を装着中に1日4回以上SMBG(自己血糖測定)が可能である方(機器の貸し出し、指導等は当院で施行可能です)
3)行動記録を書ける方
4)CGM外来の木曜日の午前中に装着時の受診と → 翌週の木曜日の午前中に脱着時の受診が可能な方
*受診費用は3割負担の場合で2回受診で計約5千円前後となります
*稀にセンサーの不具合等でデータがとれない時もあります

 

● 予約先 ●
山梨厚生病院 直通:0553-23-2299 内科予約室で予約を受け付けます。

 

 

 

▲このページの先頭に戻る