▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

人を対象とする医学系研究の実施について

新型コロナウイルス感染症に脳卒中を発症した患者の臨床的特徴を明らかにする研究

 

新型コロナウイルス感染患者は、脳卒中の発症リスクが高まると考えられていますが、現在 新型コロナウイルス感染患者に発症した脳卒中患者の疫学的なデータは皆無です。

 

このため日本脳卒中学会では、新型コロナウイルス感染患者に発症した脳卒中患者のデータを集積し、その臨床的特徴を明らかにし、新型コロナウイルス感染患者の脳卒中発症の予防、脳卒中を発症した場合の安全かつ有効な治療法、転帰についての研究を行うこととなりました。

 

一次脳卒中センターに認定されている当院におきましても、この取り組みに参加し、脳卒中を発症された新型コロナウイルス感染患者の臨床データを、研究実施機関(日本医科大学付属病院 脳神経内科)へ提供することといたします。

 

提供するデータは患者様個人を特定しうる情報を記載しない方法で提供いたしますので、患者様個人のプライバシーは完全に保護されますが、ご自身のデータの提供を拒否される方は、当院実施責任者へその旨をお申し出くださいますようお願いいたします。
尚、本研究への協力を拒否された場合でも、患者様へはなんら不利益とはなりません。

 

 

山梨厚生病院 実施責任者
脳神経外科部長 内田

▲このページの先頭に戻る