▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

関東ブロック第38回学術大会-3 発表

 

シベンゾリン錠の増量による低血糖の発現症例

 

(財)山梨厚生会 塩山市民病院 薬局1 山梨厚生病院 薬局2
○朝倉寛達1 清水初美1 雨宮美智子2

 

 

【緒言】

シベンゾリンの副作用で低血糖が知られている。今回、シベンゾリンの増量と腎機能の低下によって低血糖値を示した患者さんを経験したので報告する。

 

【症例】

81歳 女性(H 142.4cm BW 66.8kg)拘束性心機能障害(心外膜炎疑い)で入院。心嚢液貯留、全身浮腫、頻脈の症状あり、シベンゾリン(100mg)3T3×、他に利尿剤、強心剤等を投与。入院中にシベンゾリンを(100mg)4T2×に増量してから、FBSが100mg/dl→51mg/dlに低下。2週間後のFBSでも54mg/dl。その後、心疾患の病状悪化により、シベンゾリンを含む内服を中止し注射薬管理になり、TPNも開始となった。
それ以降の血糖値は上昇し100mg/dl台で安定した。「シベノール錠RTDM推定サービス」による「400mg 2×」服用期間の血中濃度の推定値は、ピーク値/トラフ値:増量後1回目769.1/352.0ng/ml、2回目1010.3/582.8ng/mlであった。(この期間のCr値:1.1~2.0mg/dl)

 

【考察】

シベンゾリンはKATPチャネルを抑制しインスリンを分泌させることが知られている。その抑制作用は血中濃度依存であるため、増量時の1日量が腎機能に対して多かったこと、また「300mg 3×」→「400mg 2×」の変更で1回の投与量が増え、Cmaxが高くなったことが重なり、シベンゾリンの血中濃度を上昇させ低血糖を誘発したと思われる。「シベノール錠RTDM推定サービス」による「400mg 2×」の血中濃度(ピーク値・トラフ値)の推定値でも、治療域のピーク値800ng/ml・トラフ値250ng/mlの上限を超えており、過量域に入っていることが予想される。

 

【結語】

[Web版「シベノール錠RTDM推定サービス」http//www.toaeiyo.co.jp/]は、腎機能を指標として患者さんごとに推奨投与量を推定できるため参考になる。
今回の発表で、同じような経験をしたという薬剤師の先生の話もいただきました。血糖を降下させてしまうという、本来期待していない作用を示してしまうということは、多いことでもありませんが決して少なくないと思いました。
今回の報告により、多くの施設でも投与量の注意と症状の確認がおこなわれ、より安全で有効な患者さんの治療につながれば幸いと感じています。

>>ポスター発表

シベノール

▲このページの先頭に戻る