▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

2階病棟(一般急性期病棟)

 2階病棟は,内科系・外科系などの疾患を抱えた患者様が検査や治療を目的に入院されるための病棟です。

 医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフなどの多職種が連携を図り、 患者様が安全・安心に入院生活が送れるよう環境調整に努めています。

 また、急性期の治療が終了した後もリハビリが必要な患者様には『回復期リハビリテーション病棟』へのスムーズな転棟も行っています。

 さらに、退院後ご自宅などに戻られる患者様には、入院時から院内外の関係者が連携を図り、退院後の生活を見据えた支援をさせていただいています。

 

<病棟の主な特徴>

★安心した治療環境の提供

当病棟では、化学療法目的での入院も受け入れており、安全かつ安楽に治療が受けられるよう努めています。また、胃や腸などの外科手術や、高齢者の大腿骨頚部骨折などの整形外科手術など幅広い手術患者も受け入れています。そのため、手術室看護師と連携を密にし、患者様が安心して手術に臨めるよう努めています。手術後は、全身状態の管理を行い、術後肺炎などに代表される合併症を予防するため、早期離床・早期回復に向けた看護を実践しています。

 

2f1

★退院支援

退院後は在宅などで安心した療養生活が送れるよう、入院時から患者様・ご家族様の思いに寄り添い、共に考えながら退院支援を行っています。

受け持ち看護師が中心となり、医療相談員と連携を図り、地域関係者との情報共有に努めることで、患者様が住み慣れた地域で安心して生活が送れるように取り組んでいます。

2f2
   
▲このページの先頭に戻る