▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

看護課からのご挨拶

メッセージ 角田看護師長
「目配り」「気配り」「心配り」を大切に

総看護師長(認定看護管理者)

                                 角田 千春

塩山市民病院看護課では、「迅速に・正確に・親切に・安全に」の病院の基本方針のもと、市民の皆さまに愛され、信頼される病院作りを目指して取り組んでいます。特に、私たち看護職員が直接関わらせていただいている患者さまは、病気とお付き合いしながら通院または療養されている方々です。だからこそ、私たちは一人ひとりの患者さまが自分自身の病気と向き合い、治療に前向きに取り組めるよう、患者さまの思いに寄り添い、その言葉に耳を傾け、常に「目配り」・「気配り」・「心配り」を心掛けながら、療養のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

 

また、共に働く職員同士においても、お互いがお互いへの「目配り」・「気配り」・「心配り」を心掛け、一緒に働けること、さらには共に成長できることに喜びを感じられるような関係作りをしていきたいと考えています。看護師ならびに介護福祉士、看護補助者一人ひとりが大切な看護職員としての仲間であり、財産です。その仲間とお互いに協力し合うことで、患者さまにも、また、職員同士においても「あなたがいて良かった」、「あなたと共にいて良かった」と思われるような“心の通い合える温かな病院作り”を今後も目指していきたいと思います。

 

 

【入職を希望される方々へ】

明るい職場でもう一度看護のやり甲斐を感じてみませんか・・・・・・・・
あなたのチャレンジを職員一同応援します!

 

 

▲このページの先頭に戻る