▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

神経内科の紹介/医師の紹介

【科の紹介】

神経内科は、脳、脊髄、抹梢神経、自立神経、筋肉などの疾患を対象に治療する内科です。現在、非常勤4名で診療にあたっております。
パーキンソン病、筋委縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症(SCD)等の難治性疾患、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症等の認知症疾患、てんかん、片頭痛等の機能性疾患、糖尿病等の内科的要因による抹消神経障害などの診断・治療を行っております。
手足の動きの悪さや痺れ・麻痺、物忘れ、喋りづらさや飲み込みづらさ、めまい、頭痛、けいれんなど、対象になる症状は多岐にわたります。
気になる症状がありましたら、受診をご検討ください。

 

 


 

 

【医師の紹介】

佐竹 紅音(非常勤:山梨大学医学部附属病院)

―所属学会―

日本内科学会
日本神経学会

 

佐藤 統子(非常勤:山梨大学医学部附属病院)

―所属学会―

日本内科学会
日本神経学会

 

栗田 尚史(非常勤:山梨大学医学部附属病院)

―所属学会―

日本内科学会
日本神経学会

日本神経治療学会

▲このページの先頭に戻る