▼本文へ

▼基本メニューへ

▼便利メニューへ

▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨厚生病院ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

脳神経外科の紹介/医師の紹介

【科の紹介】

入院においては、高齢化に伴い増加が著しい脳卒中、特に脳梗塞の治療が多くなっています。

早期リハビリテーションを充実させ、周辺の歯科医院と連携し専門的口腔ケアから摂食嚥下リハビリにも取り組んでいます。

慢性期は回復期リハビリ病院への転院か在宅での通院リハビリ、訪問リハビリ、その他の選択についてケースカンファレンスで多職種の意見を聞いていただき、患者さんやご家族の方々とじっくり話し合うよう心がけています。

手術は頭部打撲後の慢性硬膜下血腫に対する穿頭洗浄術や認知症と間違われることの多い正常圧水頭症に対する脳室腹腔シャント手術などを行っています。
外来においては、内科との協力や病診連携により生活習慣病の改善にとり組みながら、定期的な画像評価などを参考に脳卒中の再発予防に力を入れています。

急な頭部外傷にもできるかぎり迅速に対応しています。

また、頭痛やてんかんの診断・治療も続けていこうと思います。

 

 


 

 

【医師の紹介】

 

渡邉 徳明
―所属学会―

日本脳神経外科学会
日本脳卒中学会
日本脳卒中の外科学会
日本高次脳機能障害学会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会

―専門医・指導医など―

日本脳神経外科学会専門医

▲このページの先頭に戻る